竹石尚人のプロフ経歴や成績を調査!シューズや兄弟も気になる! 

こんにちはashです!

新・山の神として、原監督からも一目置かれている、青山学院大学陸上部竹石尚人さん。

2018年の箱根駅伝では5区を走り、大会4連覇に貢献した選手の1人なんです!

 

今回は、圧倒的な強さを見せる竹石尚人さんに注目したいと思います!

 

  • 竹石尚人のプロフ経歴!
  • 成績を調査!
  • 愛用シューズは?
  • 兄弟や姉も気になる!

 

2019年の箱根駅伝も楽しみです!

スポンサーリンク


竹石尚人のプロフ経歴!

  • 名前:竹石 尚人
  • 読み方:たけいし なおと
  • 生年月日:1997年7月1日
  • 年齢:21歳(2018年12月現在)
  • 身長:173cm
  • 体重:55kg
  • 血液型:B型
  • 出身:大分県九重町
  • 出身中学:南山田中学校
  • 出身高校:鶴崎工業
  • 大学:青山学院大学総合文化政策学部(3年生)

 

 

中学から陸上を始めた竹石尚人さんは、高校時代にはキャプテンを務め、全国高校駅伝北部九州地区代表としてチームをけん引しました!

しかし、1区を走った竹石尚人さんは区間32位と、目立った記録ではなかったんです。

ところが、青山学院大学に進学し、原監督から一目置かれる存在に!

 

余裕ですね!

他の選手と比べても、全然息が上がってない!

 

これは、2019年の箱根駅伝が楽しみすぎます!!

成績を調査!

竹石尚人さんの成績をみて見ると、

  • 第97回関東インカレハーフマラソン 5位入賞
  • 第94回箱根駅伝 5区 区間5位
  • 第49回全日本大学駅伝 6区 区間4位

 

箱根駅伝の5区を走った際、途中で足がけいれんするというアクシデントが起こりましたが、焦ることなく対処した竹石尚人さん。

止まって、しっかりと整えてから走り出す冷静さは、さすがですね〜!!

 

自己ベストを見てみましょう!

  • 5000mの自己ベスト記録:14分05秒40
  • 10000mの自己ベスト記録:29分22秒79
  • ハーフマラソンの自己ベスト記録:1時間04分59秒

 

わかりやすく、「三代目山の神」と呼ばれた神野大地さんの自己ベストと比べてみると、

  • 5000mの自己ベスト記録:13分56秒05(2018年)
  • 10000mの自己ベスト記録:28分17秒54 (2016年)
  • ハーフマラソンの自己ベスト記録:1時間01分04秒(2017年)

 

神野大地さんは、大学を卒業してからも記録を更新していますから、竹石尚人さんも、これから自己ベストを更新していくのではないでしょうか!

どのくらい記録が更新されていくかも注目したいですね!

 

こんなに素晴らしい選手を育てる原監督も凄いですよね!

 

 

 

 


スポンサーリンク


愛用シューズは?

青山学院大学の陸上部は、アディダスとパートナーシップ協定を結んでいるので、多くの選手がアディダスのシューズを着用しているんです。

 

竹石尚人さんも、アディダス「adizero takumi sen boost」というシューズを愛用しています。

軽量化され、長距離用に研究し尽くされたシューズですから、間違いないですよね!

これ履いて走ったら、気持ちよく走れそうですね!

 

 

兄弟や姉も気になる!

竹石尚人さんには、2つ年上のお姉さんがいるそうです。

お姉さんが陸上をやっていたことがキッカケで、竹石尚人さんも中学から陸上を始めたんだとか!

よっぽど、魅力的なスポーツだったんですね!

今のところ、お姉さん以外に兄弟の情報は見つからなかったので、おそらく2人兄弟なのかな?と思われます。

竹石尚人さんは、駅伝ファンの間でイケメン&可愛い!と、人気の選手ですから、きっとお姉さんも、可愛いんじゃないでしょうか(´∀`*)

 

田中龍誠のプロフ経歴と成績(戦績)!シューズや出身高校・中学を調査!

2019.01.02

まとめ

今回は、新・山の神として注目されている、竹石尚人さんについてまとめてみました。

お姉さんの影響で中学から陸上を始めた竹石尚人さんは、青山学院大学に入ってからメキメキ成長をとげました!

2018年箱根駅伝では5区を走り、足がけいれんするというアクシデントが起こりましたが、冷静に対処し大会4連覇に貢献。

軽量化に特化した、アディダスの「adizero takumi sen boost」を愛用。

2019年の箱根駅伝、5区の記録も楽しみですね!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です