前田紘孝のウォーターボーイズ時代の画像!結婚した妻(嫁)や子供は?

こんにちはashです!

2001年に大ヒットした映画「ウォーターボーイズ」で、主演の妻夫木聡さんと共演された前田紘孝(まえだ ひろたか)さん。

現在は、画プロデューサーとして、数々の作品を手がけていたようですね。
今回は、前田紘孝さんについて、どんな人生を歩まれたのか見ていきたいと思います。

  • 前田紘孝プロフィール!
  • ウォーターボーイズ時代の画像(写真)を調査!
  • 結婚した妻(嫁)や子供はいるの?

スポンサーリンク


前田紘孝プロフィール!

  • 名前:前田 紘孝
  • 読み方:まえだ ひろたか
  • 生年月日:1980年4月6日
  • 年齢:38歳
  • 出身:北海道函館市
  • 血液型:B型

出典元:wikipedia

 

 

View this post on Instagram

 

Nao Takahashiさん(@naosuke0807)がシェアした投稿


北海道函館市出身の前田紘孝さんは、東京都立大学経済学部に進学し、在学中に役者を志すようになります。

1000人の中から見事オーディションを勝ち抜き、2001年に妻夫木聡さん主演映画「ウォーターボーイズ」に出演!

大学卒業後には俳優をやめ、一般企業に就職します。
金融機関で経験を積み、2010年にエンタメ創出会社の株式会社ソウルエイジを設立。
映画プロデュース会社のスクラムトライ合同会社を経営し、映画プロデューサーとして複数の作品を手がけています。

では、どんな作品を手がけてきたのでしょうか。
前田紘孝さんが今までにプロデュースや製作に関わった作品をご紹介しますね。

 

  • 2010年:「海炭市叙景」 製作
  • 2011年:「ピュ〜ぴる」 プロデューサー
  • 2012年:俳優x監督=「全力映画」「かぞく」 プロデューサー
  • 2014年:「そこのみにて光輝く」 エグゼクティブプロデューサー
  • 2015年:「神様はバリにいる」 プロデューサー
  • 2015年:「東京の日」 プロデューサー
  • 2015年:「死んだ目をした少年」 エグゼクティブプロデューサー
  • 2015年:「早乙女4姉妹」 製作
  • 2016年:「つむぐもの」 エグゼクティブプロデューサー
  • 2016年:「函館珈琲」 アソシエイトプロデューサー
  • 2017年:「STAR SAND-星砂物語-」 エグゼクティブプロデューサー
  • 2018年:「きらきら眼鏡」 エグゼクティブプロデューサー
  • 2019年:「こはく」 プロデューサー
  • 2019年:「LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て」 エグゼクティブプロデューサー

 

2014年にプロデュースした「そこのみにて光輝く」は、キネマ旬報ベストテンの1位に輝くほか、主演の池脇千鶴さんはアジア・フィルム・アワードで最優秀助演女優賞を受賞するなど、高く評価され話題になりました。

 

 

ウォーターボーイズ時代の画像(写真)を調査!

マエダ役として出演していた前田紘孝さん。

役どころは、立ち読みしていた雑誌に「夏の火遊びでギャルをゲット!」と書いてあったことから、勘違いして本当の火遊びをし、山火事を起こして町中を大騒動にした過去を持っているという設定だったようです。

かなり大きい火事を起こしてしまった設定なんですね〜。

そんなマエダを演じた前田紘孝さんの当時の画像(写真)がこちら!!

画像(写真)

すっかり日焼けしてますね〜。
2ヶ月間みっちり練習したそうですから、本格的だったんですね!

映画では、シンクロのシーンで「Only you」が流れる際、画面右側で踊っているそうです。
気になる方は、DVDもありますよ〜。

 

 


スポンサーリンク


結婚した妻(嫁)や子供はいるの?

前田紘孝さんは結婚してお子さんもいらっしゃるようです。
自身の結婚式には、妻夫木聡さんからメッセージをもらうなど、ウォーターボーイズの共演をきっかけに交流も続いているそうですよ。素敵な関係性ですね〜。

残念ながら奥様やお子さんの詳しい情報はありませんでしたが、撮影現場にお子さんを連れてくることもあったそうですよ。
職業によっては、仕事場にお子さんを連れて行くのはなかなか難しいことだと思いますが、前田紘孝さんは子煩悩で素敵なお父さんですね。

まとめ

映画プロデューサーとして、数々の作品を手がけていた前田紘孝さん。

大学在学中に役者を志し、オーディションを勝ち抜き俳優になりましたが、大学卒業後には金融機関の仕事を経て、2010年にエンタメ創出会社の株式会社ソウルエイジを設立。
映画プロデュース会社のスクラムトライ合同会社を経営
し、キネマ旬報ベストテンの1位に輝いた「そこのみにて光輝く」をはじめ、数々の作品を手がけてきました。

結婚されお子さんもいらっしゃるようですが、詳細は不明。
突然すぎる訃報が残念でなりません。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です